ホーム病からの解放 > 花粉症・アレルギー性鼻炎ほか[体験談]
病からの解放「病は癒える」――会員の体験談

■花粉症・アレルギー性鼻炎ほか――「治りました!」体験談集

 花粉症やアレルギー性鼻炎などに悩む現代人が増えています。患者の実数は正確には把握されていませんが、日本では約十人に一人は何らかのアレルギー症状を持っているとも言われています。
  症状を押さえ込む対症療法ではなく、病の原因を取り除き、根本から体質を改善するAlephの修行で、花粉症・鼻炎等を克服した会員の方々の体験談をご紹介します。

●改善しました!――花粉症

 わたしはスギ花粉症で、毎年その季節になると、目がかゆくなる、鼻水やくしゃみが出る、といった症状で苦しんでいました。
 花粉症には、ネーティー・カルマが効果的でした。しかし、ナーディーが詰まって体が冷えると、症状が悪化します。そこで、ネーティーの後にムドラー(霊的覚醒の技法)をすると症状が和らいで、とても楽になることに気付きました。
 さすがにムドラーは万能薬と呼ばれるように、ナーディーが通ると症状が良くなるのにはびっくりしました。

(京都 Sさん)




●改善しました!――花粉症

 春はいつも鼻がズルズルでした。薬で抑えるぐらいしか方法はなく、根本的には良くなりませんでした。
 しかし、真理に出合ってからは、浄化法(ネーティー・カルマ)によって六、七割良くなり、様々な修行をしていくことによってほとんど症状は改善されました。
 また、少しずつ心の浄化が進んでいくことによって、体も良くなっているのがよくわかります。

(名古屋 Hさん)


●治りました!――花粉症

 ここ最近、五年くらい前から目がしょぼしょぼしたり、目がかゆくなったり、鼻が出る等の症状が出て苦しむことがありました。
 ガージャ・カラニー一日六リットル、ジャーラ・ネーティー両方の鼻で十リットル、ネーティー・カルマ各鼻100回くらいを五、六日行なうと、花粉症の症状が見事に消えて、頭もすっきりしました。

(金沢 Tさん)


●治りました!――花粉症

 花粉症は、風邪薬などでは、一時的に鼻水などが止まっても、鼻の詰まりを感じてすっきりしませんでした。
 しかし、徳積みとイニシエーションにより心が大きく浄化されたことで、完治に至ることができました。
 「病は気から」と言いますが、まさにそのとおりで、安定した心を保つことで病状は消えると証智しました。

(東京 Hさん)


●治りました!――水虫、花粉症、蓄膿症、喘息

 春先になると水虫で足が変色し、相当かゆみがありました。同時期に花粉症で目がかゆく、鼻水が大量に出ました。蓄膿症{ちくのうしょう}に関しては、冬場がひどく、大量の鼻水が出たり、鼻が詰まって夜眠れないことがありました。喘息{ぜんそく}は小児喘息でしたので、ある程度の年齢からはそれほどのものではありませんでしたが、それでも多少の症状がありました。
 現世の薬は、鼻の治療にせよ、水虫の治療にせよ、あまり効果を感じませんでした。一時的に良くなっても、すぐにまた悪くなってしまうのです。特に水虫は、四月〜六月のころなど、治療していないとすぐに悪化してしまいます。
 しかし、95年の一月にネーティーを始め、そのまま続けていると、その年は花粉症の症状が全く出ることがありませんでした。ヴァヤヴィヤ(プラーナーヤーマの一つ)の出入息等も、花粉症や蓄膿症には効果がありました。喘息や水虫に関しては、いつの間にやら治ってしまっていました。
 現世の薬を使って体を治すよりも、修行によって体質を変えてしまうほうがはるかにいいと思いました。水元素が浄化されたのか、特に水虫には全くかからなくなりました。

(大阪 Kさん)


●治りました!――首から上の病(偏頭痛・蓄膿症・鼻炎等)

 偏頭痛、蓄膿症、鼻炎、口喉炎など、首から上の病気で、激しい頭痛、吐き気、鼻詰まりになる、頭がボーッとする、といった状態が続いていました。
 薬等では全然改善されませんでした。
 入会して少し経ってから、浄化法講習会に参加しました。その後、浄化法をするようにアドバイスされたため、ガージャ・カラニージャーラ・ネーティー、ネーティー・カルマを毎日行なったのです、そうしたら、なんと数日で治ってしまいました。浄化法の即効性は素晴らしいと思いました。
 また、ストレスから来る過食も、アーサナプラーナーヤーマ(呼吸法)、瞑想によって出なくなり、特にダイエット等していませんが、自然に一カ月程度で十キログラム減量することができました。
 また、入会する前は、いつもだるい、眠い等、疲れがあり、睡眠時間も長くて、平日で8時間、休日は10〜20時間ぐらい睡眠を取らないと、社会生活を送れない状態でした。
 しかし、入会後は一日三、四時間睡眠でバリバリ仕事をこなせるようになり、体を休めて一日中寝ていることはほとんどなくなりました。

(PM師)


●改善しました!――慢性肥厚性鼻炎

 肥厚性鼻炎{ひこうせいびえん}というのは、鼻の奥が腫れて詰まる病のことです。
 鼻で息ができないので、集中力がなくなる、イライラする、ボーッとする、いつも口を開けているので顔に締まりがない、といった苦しみがありました。
 耳鼻科に通って、鼻に蒸気を当てたり鼻の洗浄をしたりしましたが、治りませんでした。医者も「治ります」とは言わなかったので、このまま通っても治るとは思えず、通院する気力も失せてしまいました。
 Alephに入会後は、ネーティーガージャ・カラニーを毎日続けました。やり終えた後は鼻が通りますし、ムドラーを毎日二十分程度続けることでも、鼻が通るようになってきました。そして、いつの間にか鼻のことが全く気にならなくなるほど良くなったのです。

(金沢 Kさん)


●治りました!――アレルギー性鼻炎

 わたしはアレルギー性鼻炎で、鼻水が止まらずティッシュペーパーが離せないとか、鼻が詰まることによって頭痛がするといった苦しみがありました。
 瞑想や徳積みを連続的に行なったり、甘露水などのイニシエーションを定期的に受け続けることによって、真理のポテンシャルが徐々に高まっていき、病も一緒に癒されていきました。
 病は、気の流れや心の働きを良くすることによって改善するんだということが、よくわかりました。なぜなら、功徳を積ませていただくことによって気の流れが良くなり、心身共々軽く明るくなって、症状が消えていくことを実感したからです。

(名古屋 Mさん)


●治りました!――くしゃみ・鼻水・鼻詰まり

 わたしは鼻の粘膜が弱く、ちょっとした刺激や空気の変化等で、くしゃみが止まらなくなります。鼻水が大量に出て、ティッシュが離せません。いつも鼻が詰まっていて、鼻で息ができないという不便さもありました。
 医者で薬をもらって飲みましたが、症状を抑えるだけで、根治するわけではありませんでした。また、薬を飲んでいると、ちょっとしたことでできた体の擦り傷や切り傷が化膿しやすくなる、という副作用がありました。
 そこで、Alephの浄化法――ジャーラ・ネーティー、ひものネーティーを行なうことにしたのです。すると、鼻の粘膜が丈夫になって、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりから解放されました。鼻がいつも通っているので、鼻で息をすることができる――、そんな当たり前のことが、口呼吸だった自分にとっては大変うれしく感じられました。
 浄化法は、病を根本から改善する効果があり、素晴らしいと思いました。

(大阪 Tさん)


●治りました!――ドライアイ

 ドライアイは、涙の量や質が低下して目が乾燥し、ホコリや細菌から目を保護する機能が低下する病気です。そのため、目が非常に疲れやすくなります。
 わたしの場合も、コンタクトがぼそぼそになり、視界が曇り、目に痛みが走りました。いくら目薬をしても、時間が経つとすぐに元に戻り、目薬を忘れたときは字が見えなくなります。眼科に行っても、目薬を勧められるだけでした。
 しかし、ネーティーをやることによって、ドライアイが完全に治ってしまったのです。浄化法の効果というのは、てきめんだなと思いました。

(京都 Sさん)

 

※Alephの修行、ヨーガ行法の実習等についてのご相談・ご質問は、メールにて受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

次のページに続く>>